施工実績
トップ工法紹介 ≫場所打ち杭

施工実績

場所打ち杭の説明です。

BKF工法


BKF

概要

 BKF工法は、シリンダー油圧伝達システムを搭載した「BKF油圧式ハンマーグラブ」を使用。
 ハンマーの重量とスプリングの力でシェル(刃先)を土中に食い込ませ掘削を進めるので、高圧ホースがいらず低騒音です。
 また、クラウンについても特殊樹脂を施すことで、低騒音化しています。もちろん油圧式なのでシェルの開閉力は強く、高い掘削能力を実現。軟岩 I 程度の地盤には、「BKF油圧式ハンマーグラブ」単独でも施工できます。

特徴

  • 全油圧式掘削。クラウンに特殊加工を施しているので、衝撃音が発生しません。
  • ハンマー内部にワイヤーやチェーンを使用しないので、落下の危険性が少なく安全です。
  • 障害撤去や玉石掘削、水中掘削などオールケーシング工法に対応。
  • シーブやワイヤーを使用しない構造なので消耗部品が少なく、現場での交換作業が不要。
  • 掘削効率は従来のハンマーグラブと同等、従来の油圧グラブなら半分の工期で済みます。
  • 硬質地盤に直面したら、ケーシング先端に回転切削装置を挿入。油圧モーターを駆動させ、その回転トルクを利用して硬質地盤を切削していきます。
    その後、再びBKF油圧ハンマーグラブで掘削します。
BKF


全集回転式オールケーシング工法

全周回転式オールケーシング全周回転式オールケーシング

概要

 全周回転するケーシングの先端に取り付けたケーシングビットで削孔を行う「オールケーシング工法」です。
 N値の高い硬土質層、転石層、玉石層、岩盤、鉄筋コンクリートなどの掘削施工を高能率で行います。バランスのよい押込み力と高精度の鉛直性で、大口径・大深度施工も容易にこなします。

特徴

  • 低振動かつ低騒音での施工が可能。
  • 鉛直精度が高く、施工性にすぐれるため、障害撤去、杭施工ともに経済的かつ能率的な施工が可能です。
  • 狭小な現場や敷地コーナー部での施工も容易に行えます。
  • 砂礫、軟弱層などが存在する地層で深度60m以上の掘削が可能
  • 一軸圧縮強度200N/mm2以上の転石、岩盤も切削可能。
CD工法