施工実績
トップ工法紹介 ≫鋼管杭

施工実績

銅管杭の説明です。

各種中堀工法

概要

 掘削ヘッドと攪拌羽根を有する掘削攪拌ロッドを使用し、所定深さまで掘削水を注入しながら杭径+10cmの直径で掘削します。
 所定深さまで掘削後上下反復をゆっくり数回行い孔底より根固め液を所定量注入しながらロッドをゆっくり引き上げます。
 根固め液注入終了確認後、注入液を杭周固定液に切り替えて注入攪拌しながらロッドをゆっくりと引き上げ掘削孔中をソイルセメント化します。

特徴

  • 拡大ヘッドにより支持地盤を機械的に拡大掘削、ヘッド先端よりセメントミルクを噴出しながら拡大ヘッドにより反復攪拌混合するため、確実な拡大球根が築造が可能です。
  • 振動・騒音レベルの低い低公害工法。
  • 中堀沈設時に排出される土砂は建設発生土として処理できるので環境保全に対応できます。
  • 杭径より大きい拡大根固め球根を築造することで、この球根に鋼管杭先端部を圧入するため安定した支持力が得られます。
FB9
KING
スーパーキング工法


油圧ハンマー工法

油圧ハンマー工法

概要

 油圧方式でパワ―ユニットから送り出される油量によってラムを上方に押上げ、自由落下に近い状態で杭を打込んで施工します。
 ラムの落下高さが自由に調整出来る構造となっています。
 さらに低騒音化を図るため、ハンマ―およぴ杭の―部を密閉した防音カバ―が取りつけてあります。

特徴

  • ダブルアクション方式によりハンマ―全長が短い。
  • 打撃回数が多く、また一打撃辺りの貫入量が大きいため、施工スピードが速まります。
  • 低燃費で油圧回路緩撃機能により、ホースの耐久性向上。
  • 近接スイッチ方式の採用により、各打撃毎の打撃エネルギーのばらつきがありません。
  • 施工条件に合わせ、ラム落下高さを8段階に調節可能。
油圧ハンマー