施工実績
トップ工法紹介 ≫地中障害物撤去

施工実績

地中障害物撤去の説明です。

ロックオーガ工法

>ロックオーガ

概要

 二重スクリュー方式を採用し、鉛直精度の高い杭の施工を可能としました。さらに内側と外側のスクリューを逆回転させることによって、双方の反動トルクをお互いが打ち消すように設計されています。
 これにより反動トルクを最小限に抑えることに成功しました。さらにスイベル構造の内蔵により、注水穿孔およびモルタル注入にも対応しています。

特徴

  • 無騒音・無振動での施工が可能。
  • 高い鉛直精度、高速な施工速度。
  • 外部スクリューの鋼管への変更が可能なため、そのまま鋼管杭とすることも可能。
  • 外部ケーシングが孔壁を保護するため、玉石・岩盤層の効果的な掘削が可能。
  • 地下連続壁の地中障害物を取り除く際にも効果を発揮します。
ロックオーガー工法


ダウンザホールハンマ工法

ダウンザホールハンマ

概要

 山岳地帯でも施工が容易なラフタークレーン式、高垂直精度施工が行える三点杭打ち式があり、硬質玉石岩層を強力なダウンザホールドリルによって穿孔、またドリルビットの交換により広範な作業現場に幅広く適用させることができます。

特徴

  • 硬質岩でも穿孔でき、玉石、転石等も容易に施工が可能。
  • ビットの交換により、口径変更が容易に行えます。
  • 段差打ちが可能。(ラフター式)
  • ロッドの継ぎ足しにより最大50mくらいまで削孔することができ、長尺杭の施工も可能。(三点式)
  • 垂直精度にすぐれ、オーバーラップ施工も可能。鋼矢板の先行掘りや連壁の施工に威力を発揮します。(三点式)